あなたの知らない不思議な世界まとめ

心霊・UFO・UMAなどオカルトのまとめサイト

オカルト・トレンド(外部記事)

「浅草プロレス」が17日隅田公園で旗揚げ戦。力道山の孫、大鵬の孫も参戦

「浅草プロレス」が17日隅田公園で旗揚げ戦。力道山の孫、大鵬の孫も参戦

155

1: 名無しさん@涙目です。 2018/11/15(木) 10:57:11.31 ID:0J+gEw4D0 BE:292723191-PLT(19081)
台東区の隅田公園山谷堀広場(台東リバーサイドスポーツセンター隣)の特設リングで十七日、
「浅草プロレス」(区後援)の旗揚げ戦が行われる。
総合プロデューサーは、浅草寺の北東、今戸出身のプロレスラー・雷神(らいじん)矢口さん(年齢非公表)。
デビュー二十五周年記念のイベントでもあり、「生まれ育った浅草での興行が夢だった。
入場無料なので多くの人に来てほしい。プロレスで故郷に恩返しを」と意気込みを語る。

矢口さんは、区立富士小学校(浅草四)に四年生の途中まで在籍、近所の台東体育館でジャイアント馬場さんや、
アントニオ猪木さんの試合を間近で見て、プロレスラーに憧れた少年だった。
浅草にあるアニマル浜口さんのジムでプロレスラーとして修業。
「まち元気プロレス」と称して、町田市や神奈川県横須賀市などで、プロレスで街おこしをしてきた。

三年前、雷門の雷神にちなんだリングネームに改名し、時間をかけて浅草プロレス設立の準備をしてきた。
旗揚げ試合では、矢口さんのほか、力道山の孫の力(ちから)さん、大鵬の孫の納谷幸男さんらがリングに上がる。
女子プロレスラーや、駄菓子屋戦士ベーゴマン、招福亭今戸キャットなど、浅草のご当地レスラーも登場。子どもプロレス教室も開く。

矢口さんが目指すのは、流血などを伴う過激なリングではなく、子どもからお年寄りまで三世代で楽しめる全盛期の昭和のプロレス。

興行は午後一時~同四時。基本は立ち見で、座って観戦できるサポーター特別席は一口五千円から。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018111502000127.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/images/PK2018111502100058_size0.jpg


続きを読む

-オカルト・トレンド(外部記事)

×