あなたの知らない不思議な世界まとめ

心霊・UFO・UMAなどオカルトのまとめサイト

オカルト・トレンド(外部記事)

武藤敬司(55)、人生最後の月面水爆で勝利「さよならムーンサルトプレスだ」…今月末に両膝に人工関節を入れる手術

武藤敬司(55)、人生最後の月面水爆で勝利「さよならムーンサルトプレスだ」…今月末に両膝に人工関節を入れる手術

004

005

1: 名無しさん@恐縮です 2018/03/15(木) 12:10:26.83 ID:CAP_USER9

武藤敬司、プロレス人生最後の月面水爆で勝利「さよならムーンサルトプレスだ」
2018年3月14日21時39分

◆WRESTLE―1TOUR2018TRANS MAGIC(14日、後楽園ホール)

プロレスラー・武藤敬司(55)がプロレス人生最後のムーンサルトプレスを決めた。
今月末に両膝に金属製の人工関節を埋め込む手術を行う武藤は、スペシャル8人タッグマッチに出場し
ムーンサルトプレスで河野真幸(37)をフォール。今月末に手術し年内いっぱいは欠場するが、
復帰後はムーンサルトはドクターストップがかかっているため、最後の月面水爆を勝利で飾った。

武藤が万感を込めて宙を舞った。トップロープからバック転。月面水爆が河野に炸裂だ。
最後のムーンサルトを華麗に決めた。試合後、マイクを持ちパートナー、対戦相手のすべてに
「ありがとな。元気もらったよ」と感謝。
満員の観客に「プロレス休みますが、必ずこのリングに戻ってきますので、新生武藤敬司を待っていてください」と絶叫。
バックステージで「かろうじて最後ムーンサルトで締めることできたけど、昔と比べたら跳躍力ないし、
もしかしたら不格好かもしれないけど、気持ちのこもったムーンサルトだったと思います」と振り返り
「武藤敬司に悔いなし。ムーンサルトにバイバイ。さようならムーンサルトだ」と万感を込めた。

1984年10月のデビューから激闘の連続で両膝を酷使。
中でも必殺技「ムーンサルトプレス」の多用で膝は変形しこれまで何度も手術してきた。
数年前には人工関節を入れることも考えたが「人工関節を入れたらプロレスをやめろということ」で見送った。
しかし、昨年末にNBAや、スキーの選手に人工関節を入れる手術を施し、
再び競技復帰させた実績を持つ医師と出会い「人工関節を入れてもプロレスが
できるということだったので、手術を決断した」と55歳にして大きな決断を下した。

術後は、2~3週間は入院し年内いっぱいは欠場となる見込みだ。
ただ、復帰しても膝に大きな負担がかかる必殺技の「ムーンサルトプレス」は
「お医者さんに手術が成功してもやっていけないと言われた」とドクターストップがかかっている。
デビューから、これまで33年あまり、自身の代名詞でもあった必殺技に
「これなくしてオレははい上がれなかった。こんな大きな体でムーンサルトやっているから、
こいつ運動能力あると思って一番最初に海外に出たし。
海外行ってもこの技でトップまではい上がることができた」と振り返った。

化身のグレート・ムタが25日のDDT・両国大会に参戦するが、「武藤敬司」としての月面水爆は最後。
来年の復帰までリハビリは過酷を極めることが予想されるが「今日のファンから元気をもらいました。
ファンからいただいた元気を返すのがプロレスラー。
これからは何とかムーンサルトがなくても今までの経験から何とか頑張ります」と約束していた。

http://www.hochi.co.jp/fight/20180314-OHT1T50203.html


続きを読む

-オカルト・トレンド(外部記事)

×