あなたの知らない不思議な世界まとめ

心霊・UFO・UMAなどオカルトのまとめサイト

オカルト・トレンド(外部記事)

かなり中弛みして調子に乗っていた時期の話 前編

かなり中弛みして調子に乗っていた時期の話 前編

PAK56_hukaimorimidori_TP_V

574 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/11/09(水) 00:46:28.00 ID:5HGm50CP0 [3/22回(PC)]

当時毎日欠かさず書いてた日記の中に、 
今でも忘れられない、怖い体験が詳しく書き込まれているのを最近見つけたから、投下しようと思う。 
小説風に気取って書いてた日記をそのまま投下するのはあれだから、少し手直しして。 
といっても、小説風なのには変わんないんだけど。 

高校2年生の夏、高校生活も中盤に入って、かなり中弛みして調子に乗っていた時期の話。 
高校は違えど、幼稚園の頃から付き合いが続いてる幼なじみ3人(それぞれ名前をA、B、Cとしておく)と俺で、海に行くことになった。 
Cの父親の社宅(といっても10階建てのマンション)の一室を借りることができたのだ。 
前々からみんなで海に行きたいと話していたので 
「宿代がタダで海を堪能できるなら行くしかないっしょ!」 
的な軽いノリで、海に行くことは決まった。テンションが上がりまくりだった。 
行くことが決まったその日のうちに、話題は『何泊するか』に。 
しばらく話し合った後、結局、三泊四日することに決まった。 

文才が無く話が中々進まなくて申し訳ないけど、ここで少し、A、B、Cの話をしておく。 
Aは家も隣同士の一番の仲良し。 
友達想いで優しい奴。不正とか悪口とか、そういうのが大嫌いな今時珍しい、絵に描いたような 
正義漢。ちょっとうざい。顔も良く、総合的なスペックは高い。勿論嫉妬。むかつく。 
Bは眼鏡掛けて長身な電車オタク。そりゃもう、かなりのオタク。 
電車のことはこいつに聞けば間違いない。そして何かと真面目な奴で、 
今回のプチ旅行の計画もほとんどこいつに任せっきりだった。 
Cは垂れ目で、性格もおっとりしている。心が無駄に広く、まったく怒らない。 
怒ったところを見たことがない。身長が4人の中で一番小さい。 
因みに俺はネット大好きな人間。なんか全てにおいて平凡。あ、陸上部部長。 

昔から、何かと一緒だった。四人でつるんで色んなことして遊んだ。 

 

続きを読む

-オカルト・トレンド(外部記事)

×